ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症 > つつが虫病にご注意ください

ここから本文です。

更新日:2017年8月18日

つつが虫病にご注意ください

つつが虫病にご注意ください

つつが虫病とは

病原微生物を保有するツツガムシ(ダニの一種)に刺された後、1~2週間後に発症する感染症です。(病原微生物を保有するツツガムシは全体の0.1~1%程度と考えられています。)ヒトからヒトへは感染しません。

例年、春季(3~6月)と秋季(9~11月)に患者発生のピークがあります。

ツツガムシは、肉眼ではほとんど見えないほど非常に小さいので、衣類の隙間から入り込むことがあります。また刺された時の痛みもほとんどないと言われています。

症状

主な症状として、「発熱」、「発疹」、「刺し口(刺された部位がカサブタに変化)」、「頭痛」、「倦怠感」、「肝機能障害」などがあります。

治療には適切な抗菌薬の投与が必要ですので、症状が現れたら出来るだけ早く医療機関(内科、皮膚科など)を受診しましょう。

予防方法

  1. 山林、原野、農耕地等に入る時には、長袖・長ズボン・長靴等を着用するなど、肌の露出をできるだけ少なくしましょう。
  2. 効果が認められる虫よけスプレー(対象に「ツツガムシ」が記載されている製品)もあります。持続時間が限られるため、小まめにスプレーしましょう。
  3. 野外作業後は速やかに入浴、着替えをし、皮膚に付着したツツガムシを洗い落としましょう。

 

<関連リンク>

つつが虫病について~福島県ホームページ~(外部サイトへリンク)

 

 

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

保健福祉部保健所地域保健課 

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1

電話番号:024-924-2163

ファックス番号:024-934-2960

tiikihoken@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ