ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症 > 夏風邪に注意しましょう!

ここから本文です。

更新日:2017年8月28日

夏風邪に注意しましょう!

夏風邪の原因としては、手足口病、ヘルパンギーナ、咽頭結膜熱の3つがあります

手足口病が流行しています!

福島県内のほぼ全域で患者報告数が増加しており、警報レベルとなっています。

手足口病とは

口の中や、手足などに水疱性の発疹が出るウイルスの感染によって起こる感染症で、子どもを中心に、主に夏に流行します。

<主な症状>

感染してから3~5日後に、手のひら、足底や足背などに2~3ミリの水疱性発疹が出ます。

発熱は約3分の1程度に見られますが、あまり高くならないことがほとんどであり、高熱が続くことは通常はありません。

ほとんどの発病者は、数日間のうちに治る病気です。

まれに、髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺など、さまざまな症状がでることがあります。また、手足口病の典型的な症状がみられずに重症になることもありますので、注意が必要です。

<感染経路>

飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染すること)が知られています。

特に、この病気にかかりやすい年齢層の乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園などでは注意が必要です。(子ども同士の生活距離が近く、濃厚な接触が生じやすい環境であるため)

予防対策について

手足口病には有効なワクチンはなく、また手足口病の発病を予防できる薬もありません。

特に、保育施設など集団生活をしているお子さんや職員の方は注意が必要です。

<主な予防方法>

  1. 手洗いは流水と石けんで十分に洗うこと
  2. タオルの共用をしないこと
  3. おむつ交換等の排泄物処理にあたる時には、使い捨て手袋を使用し、排泄物を他の者が触ることのないようにビニール袋に保管し口をしっかり閉めること。処理した後は手洗いをしっかり行うこと。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

保健福祉部保健所地域保健課 

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1

電話番号:024-924-2163

ファックス番号:024-934-2960

tiikihoken@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ