ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症 > アウトドアでの感染症に気をつけましょう

ここから本文です。

更新日:2017年8月18日

アウトドアでの感染症に気をつけましょう

夏から秋にかけて、屋外でのレジャーを楽しむ方も多いと思います。

ただし、アウトドアレジャーには、感染症の危険が潜んでいることがあります。

楽しい思い出にするため、事前準備の中に感染症対策も加えてくださいね。

水・食べ物

  • 川の水は、野生動物の尿などで汚染されている恐れがあります。川の水を飲んだり、川の水で野菜を洗ったり冷やしたりするのは危険です。
  • バーベキューでは、肉にしっかり火を通しましょう。また、生肉に触れる箸・トング等を食事に使用するのはやめましょう。

蚊・マダニなど

  • 皮膚の露出の少ない服装を着用し、素足でのサンダル履きを避けましょう。
  • 防虫(虫よけ)スプレー、蚊取り線香等を使用しましょう。
  • マダニに刺されたことに気づいたら、無理に引き抜いたり叩き潰したりせず、医療機関で取ってもらいましょう。マダニの頭が皮膚内に残って炎症をおこしたり、病原体が体内に入ってしまうことがあります。

<関連リンク>

動物

  • 動物に触った後や、砂場や公園などで遊んだ後は必ず手を洗いましょう。
  • 咬まれたり引っかかれたりしないように、動物はやさしく適正に取り扱いましょう。もし、咬まれたり引っかかれたりした場合は、直ちに傷口を洗浄・消毒し、必要に応じ医師の診察を受けましょう。
  • 野生動物に不用意に触れないようにしましょう。

傷・ケガ

  • 傷やケガがあるときに川の水に入るのはやめましょう。
  • 転んですりむいたときは、傷口を流水で洗浄しましょう。
  • 破傷風菌は土の中に広く分布してします。予防接種を乳幼児期(三種・四種混合)と学童期(二種混合)に受けているか確認し、規定回数を受けて、普段から予防に心がけましょう。

おうちにかえったら…

  • 流水と石けんで手を洗いましょう。
  • 山道を歩いたりしたときは、シャワーを浴びて、着替えるようにしましょう。衣類は、他のものと別に洗うと安心です。
  • 感染症の種類によって、感染してから発症するまでの期間はさまざまです。中には発症までに2週間程度かかるものもあります。体調の変化を注意深く観察し、体調が悪くなって医療機関を受診する際には、屋外活動があったことを伝えましょう。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

保健福祉部保健所地域保健課 

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1

電話番号:024-924-2163

ファックス番号:024-934-2960

tiikihoken@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ