ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症 > 中東呼吸器症候群(MERS)について

ここから本文です。

更新日:2016年8月1日

中東呼吸器症候群(MERS)について

中東呼吸器症候群(MERS)について

保健所からのお願い

中東呼吸器症候群(MERS)の発生国(中東諸国)から帰国された方で、中東諸国においてラクダとの接触や未殺菌乳を喫食した場合などMERSに感染するリスクのある行動をとった方は、到着した空港等の検疫ブースで検疫官に申し出てください。帰国後2週間以内に発熱や咳などの呼吸器症状がみられた場合は、医療機関を受診する前に保健所へ電話相談してください

※郡山市以外にお住まいの方は、住所地を管轄する保健所へお問合せください。厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

症状がある間は、他者との接触を最小限にするとともに、咳エチケット(マスクをする。咳・くしゃみの際はティッシュペーパーなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむける。使用したティッシュペーパーはゴミ箱に捨て手を洗う)を実行してください。

中東諸国へご出発の方へ[MERSリーフレット](PDF:89KB)

中東呼吸器症候群(MERS)とは

2012年に初めて確認されたウイルス性の感染症です。原因となるウイルスはMERSコロナウイルスと呼ばれています。
主として中東地域で患者が報告されています。

主な症状

潜伏期間は、2日から14日です。
主な症状は、発熱、せき、息切れなどです。下痢などの消化器症状を伴う場合もあります。MERSに感染しても、症状が現れない人や軽症の人もいますが、特に高齢の方や糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人で重症化する傾向があります。

詳しくは下記を御参照ください

  1. 厚生労働省 中東呼吸器症候群(MERS)について
    http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/mers.html(外部サイトへリンク)
  2. 国立感染症研究所 中東呼吸器症候群(MERS)について
    http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/alphabet/mers/2186-idsc/2686-mers.html#niid(外部サイトへリンク)
  3. 厚生労働省検疫所 海外で健康に過ごすために(渡航前、渡航中、渡航後の注意点をご確認ください)
    http://www.forth.go.jp/(外部サイトへリンク)

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部保健所地域保健課 

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1

電話番号:024-924-2163

ファックス番号:024-934-2960

tiikihoken@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ