ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 感染症 > 海外へ渡航されるみなさまへ

ここから本文です。

更新日:2016年8月1日

海外へ渡航されるみなさまへ

海外では、日本と気候や衛生状態がかなり異なり、日本では稀な感染症が流行している場合があります。

安全で快適な渡航のために、注意すべきことを確認しましょう。

海外旅行前に注意すること

現地の感染症情報入手に心がけましょう。
予防接種歴を確認し、予防のために必要なワクチンがあれば接種しましょう。

海外旅行中に気をつけたいこと

以下の感染経路によるものが代表的ですが、渡航先により注意が必要なことが異なりますので、十分確認しましょう。

食べ物

  • 生水は飲まない。
  • アイスクリーム、氷(ジュース、水割り)はさける。
  • 生野菜、カットフルーツはさける。
  • 魚介類、肉類は火の通ったものを食べる。

動物

  • 犬、猫、鳥、野生動物には手を出さない。
  • 万が一、滞在中に犬等に咬まれた場合には…
    • [1]すぐに傷口を石鹸と水で洗いましょう。
    • [2]現地医療機関を受診し、傷の手当てと狂犬病のワクチン接種をうけましょう。
    • [3]帰国時には検疫所(健康相談室)に申し出ましょう。

蚊・マダニ

  • 皮膚の露出の少ない服装を着用する。素足でのサンダル履きを避ける。
  • 防虫(虫よけ)スプレー、蚊取り線香等の使用する。

帰国後に注意すること(具合が悪くなったら...)

渡航先によっては、健康観察が必要になる場合があるため、検疫所に申告が必要になる場合があります。

空港等内のポスターなどをよくご覧になり、申し出が必要な場合は空港等を出る前に申告しましょう。

帰国後に体調を崩した場合は、早急に医療機関を受診し、渡航先や滞在期間、飲食や活動状況などを必ず伝えましょう

なお、呼吸器症状(咳やくしゃみ)がある場合は、必ずマスクをしましょう

<特に注意してください>

☆中東呼吸器症候群(MERS)の発生国である中東地域に渡航歴のある方で、中東諸国においてラクダとの接触や未殺菌乳を喫食した場合などMERSに感染するリスクのある行動をとった方は、各空港等に配置された検疫ブースで検疫官にお申し出ください。なお、帰国後2週間以内に体調を崩した場合、直接医療機関を受診せずに保健所へ連絡してください。

関連リンク

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部保健所地域保健課 

〒963-8024 福島県郡山市朝日二丁目15-1

電話番号:024-924-2163

ファックス番号:024-934-2960

tiikihoken@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ