ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉・介護 > 介護保険 > 介護予防・日常生活支援総合事業(市民の方へ)

ここから本文です。

更新日:2016年8月23日

介護予防・日常生活支援総合事業(市民の方へ)

平成28年4月より、介護予防・日常生活支援総合事業が始まりました

高齢者が住み慣れた地域で生活を続け、自ら要介護状態になることを予防するため、介護保険制度に「介護予防・日常生活支援総合事業」(以下、総合事業)が創設されました。総合事業のポイントは、1.社会参加の視点を取り入れた介護予防の促進、2.要支援者向けのホームヘルプサービス、デイサービスの事業枠組みの変更・多様な主体による参画、3.手続きの一部の簡素化です。

本市では、4月から総合事業を実施しております。今後は、介護事業者以外の多様な主体による多様なサービスの開拓に取り組んでまいります。

総合事業の特徴

社会参加の視点を取り入れた介護予防を促進します

「心身機能」だけでなく、「社会参加」の視点を介護予防に取り入れることで、高齢者が地域の中での役割を持ちながら、いきいきとした生活を継続することを目指します。

介護予防訪問介護と介護予防通所介護が総合事業に移行

要支援者に対するサービス(予防給付)のうち、訪問介護(ホームヘルプサービス)、通所介護(デイサービス)が総合事業に移行しました。事業の枠組みは変わりますが、大きな変更はありません。

訪問介護、通所介護以外の要支援者に対するサービス(福祉用具貸与など)は、これまでどおり予防給付の中で提供しております。

総合1

サービス利用の手続きの一部を簡素化

要支援1・2の認定を受けており、今後、訪問型サービス(ホームヘルプ)と通所型サービス(デイサービス)のみを利用予定の方は、基本チェックリストに回答することで要支援認定を受けなくともサービスを利用できます。

利用について

利用できる方

  • 要支援1・2の方
  • 基本チェックリストの結果により生活機能の低下が確認された方(総合事業対象者)

利用までの流れ 

ウェブ

 

総合事業のサービスについて

平成28年4月より提供しているサービスは、下表のとおりです。平成29年度以後、徐々に多様な主体による多様なサービスを展開していきます。

総合事業のサービス

 

国の基準による

訪問型サービス

(現在のホームヘルプサービスと同じサービス)

国の基準による

通所型サービス

(現在のデイサービスと同じサービス)

郡山市

訪問介護予防事業

提供する人・事業所

訪問介護事業所

通所介護事業所

地域包括ケア推進課

内容

掃除、洗濯、食事の準備や調理等の生活支援を行います。

家族のための家事や日常的な家事の範囲を超えることについてはサービスの対象となりません。

運動機能向上プログラム等により身体機能の維持、改善を図ります。

施設により内容は異なります。

保健師等が訪問、指導を行い、身体機能の改善を図ります。

自己負担/月(目安)

1割負担の場合

週1回程度の利用で

1,168円

1か月につき

1,647円~3,377円

無料

よくある質問

Qもう、要介護・要支援認定は受けられないのですか?

A今までどおり、認定を受けることができます。また、福祉用具貸与、訪問看護、通所リハビリテーションなど、訪問型サービスや通所型サービス以外のサービスの利用を希望する場合には、要介護・要支援認定を受ける必要があります。

Q総合事業を利用するにはどうすればいいですか?

A郡山市地域包括ケア推進課またはお住まいの地域を担当する地域包括支援センターへ御相談ください。

Q要介護1~5の認定を受けていますが、総合事業の訪問型サービス、通所型サービスを利用できますか?

A総合事業は、要支援1・2の方または総合事業対象者の方が利用できるサービスです。要介護1~5の認定を受けている方は現在の介護サービスを御利用いただけます。


 

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

保健福祉部地域包括ケア推進課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-3561

ファックス番号:024-934-8971

houkatucare@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ