ここから本文です。

更新日:2018年6月12日

熱中症~ご存知ですか?予防・対処法~

熱中症は予防が大切です。

高齢者は特に注意が必要です。

高齢になると暑さを感じにくくなり、のども渇きにくくなります。

早め早めにこまめな水分補給(1日あたり1.2ℓの水分補給を目安)を行いましょう。室内の温度をこまめにチェックし、室内の温度は28℃前後を保つようにしましょう。ただし、エアコンの設定温度が低く(24℃を下回る)、外気温と室温の差が大きいと部屋に出入りする際に体の負担になります。室内の人数、活動状態、服装などに合わせて上手に調整しましょう。

熱中症を予防するため体力もつけましょう。

高齢になっても日常的な運動習慣を身につければ体温調節能力の老化を遅らせることもできます。運動する機会を設け、体力づくりもしましょう。

熱中症の予防と対処法

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部地域包括ケア推進課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-3561

ファックス番号:024-934-8971

houkatucare@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ