ここから本文です。

更新日:2014年2月1日

障がい者の手帳

身体障害者手帳

お問合せ:障がい福祉課024-924-2381

身体障がい者(児)が、医療の給付や補装具の交付、施設の入所などの、さまざまな福祉のサービスを受けるために必要な手帳です。提供される福祉のサービスは、障がい区分や等級によって異なります。

対象となる障がい

以下の永続する障がいがある方

  • 肢体不自由
  • 視覚障がい
  • 聴覚・平衡機能障がい
  • 音声・言語・そしゃく機能障がい
  • 内部障がい(心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・免疫・肝臓)

申請に必要なもの

  • 申請書
  • 印鑑
  • 顔写真1枚(たて4cm×よこ3cm、1年以内に撮影したもの、正面、脱帽)
  • 診断書(身体障害者福祉法第15条の指定を受けた医師が作成したもの)

※申請書・診断書の用紙は、障がい福祉課・各行政センター(富田・大槻を除く)の窓口にあります。疾病原因が脳血管障がいの場合、障がい認定の時期は、発症の日から3ヶ月経過してから作成されたものになります。

届出が必要なとき

  • 障がいがなくなったとき
  • 障がいの程度が変わったとき
  • 新たに障がいを生じたとき
  • 判定の時期がきたとき
  • 手帳を紛失したとき
  • 手帳が破損したとき
  • 住所・氏名が変わったとき
  • 死亡したとき

療育手帳

お問合せ:障がい福祉課024-924-2381

知的障がい児(者)が、医療の給付や施設の入所などの、さまざまな福祉のサービスを受けるために必要な手帳です。提供される福祉のサービスは、障がいの程度によって異なります。

対象となる障がい

日常の生活・活動・知的能力・社会性などの発達が、子どもの時から不完全かつ不十分な状態にある方

申請に必要なもの

  • 申請書
  • 印鑑
  • 顔写真1枚(たて4cm×よこ3cm、1年以内に撮影したもの、正面、脱帽)
  • 診断書(発行日から1ヶ月以内のもの)

注意:18歳以上の方は、原則として専門機関での判定を受けていただきます。

※申請書・診断書の用紙は、障がい福祉課の窓口にあります。

再判定(程度確認)について

手帳交付のときに、次回の判定時期が指定されます。

届出が必要なとき

  • 障がいの程度が変わったとき
  • 判定の時期がきたとき
  • 手帳を紛失したとき
  • 手帳が破損したとき
  • 住所・氏名が変わったとき
  • 保護者が変わったとき
  • 死亡したとき

精神障害者保健福祉手帳

お問合せ:保健所地域保健課024-924-2163

精神障がいをもつ方が一定の障がいにあることを証明する手帳です。この手帳をもっていることにより、さまざまな支援が受けられますので、精神障がいをもつ方が自立して生活し、社会に参加するための手助けとなります。

対象となる障がい

精神疾患で、精神障がいのため長期にわたり日常生活又は社会生活への制約がある方

申請に必要なもの

  • 申請書
  • 印鑑
  • 顔写真1枚(たて4cm×よこ3cm、1年以内に撮影したもの、正面、脱帽)
  • 診断書、又は障害年金証書の写し等(下記のとおり)
    〔1〕精神障害による障害年金を受けている方
    ・年金証書の写し
    ・直近の振込(支払)通知書の写し
    ・同意書
    〔2〕精神障害による障害年金を受けていない方
    ・医師の診断書(初診日から6ヶ月以上経過した時点のもの)

※申請書・診断書の用紙は、郡山市保健所・指定の医療機関窓口にあります。

再認定

2年ごとに更新申請が必要です。更新手続きは、有効期限の3か月前からできます。

届出が必要なとき

  • 障がいの程度が変わったとき
  • 判定の時期がきたとき
  • 手帳を紛失したとき
  • 手帳が破損したとき
  • 住所・氏名が変わったとき
  • 死亡したとき

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

保健福祉部障がい福祉課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2381

ファックス番号:024-933-2290

shougaifukushi@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ