ここから本文です。

更新日:2017年2月17日

障がい者施設

障がい者(障がい児)の福祉サービスと事業所を紹介します。(平成28年9月1日現在)

居宅介護

障がい者等に対して、居宅において入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の生活全般にわたる援助を行います。

重度訪問介護

重度の肢体不自由者であって常時介護を要する障がい者に対して、居宅において入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の生活全般にわたる援助並びに外出時における移動中の介護を総合的に行います。

同行援護

視覚障害により、移動に著しい困難を有する障がい者等に対して、外出時において、当該障がい者等に同行し、移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護、排せつ及び食事等の介護その他の当該障がい者等が外出する際に必要な援助を行います。

行動援護

知的障害又は精神障害により行動上著しい困難を有する障がい者等であって常時介護を要する者に対して、当該障がい者等が行動する際に生じ得る危険を回避するために必要な援護、外出時における移動中の介護、排せつ及び食事等の介護その他の当該障がい者等が行動する際の必要な援助を行います。

療養介護

病院において、機能訓練、療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護、日常生活上の世話その他必要な医療を要する障害者であって常時介護を要するものにつき、主として昼間において、病院において行われる機能訓練、療養上の管理、看護、医学的管理の下における介護及び日常生活上の世話を行う。また、療養介護のうち医療にかかるものを療養介護医療として提供する。

生活介護

障害者支援施設等において、入浴、排せつ及び食事等の介護、創作的活動又は生産活動の機会の提供その他必要な援助を要する障がい者であって、常時介護を要する者に対して、主として昼間において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の必要な日常生活上の支援、創作的活動又は生産活動の機会の提供その他身体機能又は生活能力の向上のために必要な援助を行います。

重度障がい者等包括支援

常時介護を要する障害者等であって、意思疎通を図ることに著しい支障があるもののうち、四肢の麻痺及び寝たきりの状態にあるもの並びに知的障害または精神障害により行動上著しい困難を有するものにつき、居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護、生活介護、短期入所、共同生活援助、自立訓練、就労移行支援、就労継続支援を包括的に提供する。

短期入所

居宅においてその介護を行う者の疾病その他の理由により、障害者支援施設、児童福祉施設等への短期間の入所を必要とする障がい者等に対して、当該施設に短期間の入所をしてもらい、入浴、排せつ及び食事の介護その他の必要な支援を行います。

施設入所支援

施設に入所する障がい者に対して、主として夜間において、入浴、排せつ及び食事等の介護、生活等に関する相談及び助言その他の必要な日常生活上の支援を行います。

自立訓練(生活訓練)

知的障害又は精神障害を有する障がい者に対して、障害者支援施設若しくは障害福祉サービス事業所に通ってもらい、当該障害者支援施設若しくは障害福祉サービス事業所において、又は当該障がい者の居宅を訪問して行われる入浴、排せつ及び食事等に関する自立した日常生活を営むために必要な訓練、生活等に関する相談及び助言その他の必要な支援を行います。

宿泊型自立訓練

知的障害又は精神障害を有する者に対して、居宅その他の設備を利用してもらうとともに、家事等の日常生活能力を向上させるための支援、生活等に関する相談及び助言その他の必要な支援を行います。

就労移行支援

就労を希望する65歳未満の障がい者であって、通常の事業所に雇用されることが可能と見込まれる者に対して、生産活動、職業体験その他の活動の機会の提供その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練、求職活動に関する支援、その適性に応じた職場の開拓、就職後における職場への定着のために必要な相談その他の必要な支援を行います。

就労継続支援A型

通常の事業所に雇用されることが困難な障がい者のうち、適切な支援により雇用契約等に基づき就労する者に対して、生産活動その他の活動の機会の提供その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の必要な支援を行います。

就労継続支援B型

通常の事業所に雇用されることが困難な障がい者のうち、通常の事業所に雇用されていた障がい者であって、その年齢、心身の状態その他の事情により引き続き当該事業所に雇用されることが困難になった者、就労移行支援によっても通常の事業所に雇用されるに至らなかった者その他の通常の事業所に雇用されることが困難な者に対して、生産活動その他の活動の機会の提供その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練その他の必要な支援を行います。

共同生活援助(介護サービス包括型)

共同生活を営むべき住居に入居している障がい者に対して、主として夜間において、共同生活を営むべき住居において行われる、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯又は掃除等の家事、生活等に関する相談又は助言、就労先その他関係機関との連絡その他必要な日常生活上の支援を行います。

外部サービス利用型共同生活援助

地域で共同生活を営むのに支障がない障がい者に対して、主として夜間において、共同生活を営むべき住居において、相談その他の日常生活上の援助を行います。

共同生活援助(サテライト型住居)

本体住居(共同生活援助事業所)と密接な連携を確保しつつ、本体住居とは別の場所で運営されている住居

一般相談支援(地域移行支援と地域定着支援を併せて一般相談支援という)

(地域移行支援)

障害者支援施設等に入所している障がい者又は精神科病院に入院している精神障がい者に対して、住居の確保その他の地域における生活に移行するための活動に関する相談その他の必要な支援を行います。

(地域定着支援)

居宅において単身等で生活する障がい者に対して、常時の連絡体制を確保し、障がいの特性に起因して生じた緊急の事態等に相談その他必要な支援を行います。

特定相談支援及び障害児相談支援

(計画相談支援及び障がい児相談支援)

「サービス等利用計画」を作成及びモニタリング期間ごとにサービス等利用計画」の見直しを行います。

障害児入所施設(福祉型・医療型)

障がい児を入所させて、保護、日常生活の指導及び独立自活に必要な知識技能の付与を行う施設

児童発達支援

就学前の児童の日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応するための訓練その他必要な支援を行います。

医療型児童発達支援

肢体不自由がある就学前の児童の児童発達支援及び治療を行います。

放課後等デイサービス

就学児童の授業終了後又は学校の休業日に、児童発達支援センター等の施設に通ってもらい、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流の促進その他必要な支援を行います。

保育所等訪問支援

保育所等を訪問し、障がい児に対して、障がい児以外の児童との集団生活の適応のための専門的な支援その他必要な支援を行います。

地域生活支援事業

相談支援事業

相談支援(委託相談)

郡山市との委託契約に基づき、地域の障がい者等の福祉に関する各般の問題について、障がい者等、障がい児の保護者又は障がい者等の介護を行う者からの相談に応じ、必要な情報の提供及び助言を行い、福祉サービス事業者等との連絡調整その他の便宜を総合的に供与します。

地域活動支援センター

社会交流を促進するため日中活動の場として、創作活動や生活活動の機会を提供します。

移動支援事業

単独では外出困難な障がい者及び障がい児が社会生活上必要不可欠な外出及び余暇活動や社会参加のための外出をする際に、ガイドヘルパーを派遣して、外出時に必要となる移動の介助及び外出に伴って必要となる支援を行います。

日中一時支援事業

障がい者(障がい児)の介助者が不在で、日中介護ができないときに施設等で一時的にお預かりします。

訪問入浴サービス事業

身体の障害により自宅での入浴が困難な方に対して、訪問入浴車を派遣し、入浴サービスを提供します。利用者の希望により週2回を限度としております。

短期入所移送サービス

身体障がいの方が、短期入所を利用する際にストレッチャー付き福祉タクシーで移送するサービスを提供します。

関連リンク

事業者関係の書類を確認したい方は次のリンクを参照してください。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部障がい福祉課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2381

ファックス番号:024-933-2290

shougaifukushi@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ