ここから本文です。

更新日:2017年3月23日

除去土壌等の輸送

国は、平成26年11月に「中間貯蔵施設への除去土壌等の輸送に係る基本計画」を策定し、平成27年度に、本格輸送に先立ち、輸送手段の効率性や対策の効果の確認等を行うため、県内43自治体からそれぞれ1,000立方メートル程度の除去土壌等について中間貯蔵施設へ「パイロット輸送」を実施し、平成28年度においては、本格輸送に移行したところです。

除去土壌などの輸送について|中間貯蔵施設情報サイト:環境省(外部サイトへリンク)

平成27年度パイロット輸送

本市では、除染方針同様、空間線量率の高い区域や生活圏、特に子どもが利用する施設を優先し、直接輸送できることに加え、平成23年4月時点の線量測定値(地上1cm)が、4.0μ㏜/h以上であった小・中学校のうち、各学校の事情等を総合的に勘案し、次のとおりパイロット輸送の対象を選定しました。

輸送対象 土壌等保管量

空間線量率

(平成23年4月)

保管開始時期

保管形態

薫小学校

342.2立方メートル

5.5μ㏜/h

平成23年8月11日

地下埋設

高倉小学校

474.0立方メートル

4.2μ㏜/h

平成23年7月16日

地下埋設

安積第二小学校

440.6立方メートル

4.3μ㏜/h

平成23年7月16日

地下埋設

1256.8立方メートル

     

輸送の状況

輸送における役割分担として、本市は各校に保管されている除去土壌等の掘り起こしや保管容器(フレコン等)への詰め込みを行い、国は除去土壌等を中間貯蔵施設予定地内保管場へ輸送しました。

輸送対象 輸送開始時期 輸送完了時期

輸送先

薫小学校

平成27年7月28日

平成27年8月11日

中間貯蔵施設予定地内保管場(双葉町)

高倉小学校

平成27年8月27日

平成27年9月9日

中間貯蔵施設予定地内保管場(双葉町)

安積第二

小学校

平成27年7月27日

平成27年8月19日

中間貯蔵施設予定地内保管場(双葉町)

※高倉小学校については、県中浄化センターに一時保管後、国が輸送。

 

平成27年度の輸送(パイロット輸送)|中間貯蔵施設情報サイト:環境省(外部サイトへリンク)

平成28年度の除去土壌等の輸送

今年度、本市の輸送対象となる除去土壌等は次のとおりです。

輸送対象保管場所 輸送予定土量 輸送開始時期 輸送完了時期 輸送先

根木屋小学校旧校舎跡地一時

保管場

1037立方メートル

平成28年8月5日

輸送終了

中間貯蔵施設予定地内保管場

(大熊町)

富久山クリーンセンター内一時

保管場

501立方メートル

平成28年9月27日

輸送終了

中間貯蔵施設予定地内保管場

(大熊町)

西田町土棚地区一時保管場

1018立方メートル

平成28年10月6日

輸送終了

中間貯蔵施設予定地内保管場

(大熊町)

旧豊田貯水池内一時保管場

2302立方メートル

平成28年10月14日

輸送終了

中間貯蔵施設予定地内保管場

(大熊町)

東山霊園内一時保管場

2000立方メートル

平成29年1月24日

輸送終了

中間貯蔵施設予定地内保管場

(大熊町)

天候や道路等の状況により、輸送期間が変更されることがあります。

平成28年度の輸送|中間貯蔵施設情報サイト:環境省(外部サイトへリンク)

 

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

生活環境部原子力災害総合対策課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-4731

ファックス番号:024-924-3702

gensiryokusaigai@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ