ホーム > 防犯・防災 > 震災・放射線対策 > 放射線対策 > 原子力災害対策アドバイザー

ここから本文です。

更新日:2018年5月23日

原子力災害対策アドバイザー

原子力災害対策にあたり、次の5名の方に原子力災害対策アドバイザーを委嘱し、除染や市民の皆様の健康管理について、それぞれの専門的な知見から多角的に助言をいただいております。

大久保利晃(おおくぼとしてる)氏

大久保利晃原子力災害対策アドバイザー

氏名

大久保利晃(おおくぼとしてる)氏

現職

公益財団法人放射線影響研究所顧問研究員

主な活動

放射線の人体に及ぼす医学的影響及びこれによる疾病を調査研究し、被ばくした方の健康維持及び福祉に貢献されています。

委員等

  • 平成14~17年産業医科大学学長
  • 平成17~27年度放射線影響研究所理事長
  • 日本産業衛生学会名誉会員
  • 日本疫学会会員
  • 英国王立医師会名誉評議員
  • 国際労働衛生協会名誉会員
  • ラマツィーニ・コレギアム会員

真田宏夫(さなだひろお)氏

真田宏夫原子力災害対策アドバイザー

氏名

真田宏夫(さなだひろお)氏

現職

国立大学法人千葉大学名誉教授

主な活動

食品栄養学の分野において千葉大学で授業を担当されるとともに、同大学で放射線取扱主任、アイソトープ実験施設長を長年務められました。

委員等

  • 内閣府消費者委員会専門委員(新開発食品第二調査会委員)
  • 千葉県「千葉エコ農業」推進委員会委員

富田悟(とみたさとる)氏

富田悟原子力災害対策アドバイザー

氏名

富田悟(とみたさとる)氏

現職

国立大学法人東京工業大学放射線総合センター准教授

主な活動

大学で放射線の安全管理・教育訓練を行われるとともに、放射性同位元素等の使用法及び管理に関する研究開発を行われています。

委員等

文部科学省科学技術・学術政策局放射線対策課放射線環境対策室技術参与

太神和廣(おおがかずひろ)氏

太神和廣原子力災害対策アドバイザー

氏名

太神和廣(おおがかずひろ)氏

現職

医療法人おおがクリニック院長

主な活動

昭和48年から小児医療に携わり、昭和60年からは本市において小児医療の牽引役を努められています。

委員等

  • 平成6~26年一般社団法人郡山医師会理事(小児保健予防接種委員会委員長)
  • 平成11~23年福島県県南小児科医会会長、福島県小児科医会副会長
  • 平成23年福島県小児科医会会長

中西準子(なかにしじゅんこ)氏

中西準子原子力災害対策アドバイザー

氏名

中西準子(なかにしじゅんこ)氏

現職

横浜国立大学名誉教授

国立研究開発法人産業技術総合研究所名誉フェロー

主な活動

様々な環境影響をリスクとして定量化し、環境リスク管理学の分野を切り開き、環境リスク論の立場から、放射能汚染との向き合い方や除染方法について研究、情報発信を行っています。

委員等

  • 化学物質審議会会長
  • 総合エネルギー(総合資源エネルギー)調査会委員
  • 産業構造審議会化学バイオ部会委員
  • 総合科学技術会議専門委員

原子力災害対策アドバイザー意見交換会

本市が実施している原子力災害対策事業の今後の方針を検討するにあたり、原子力災害対策アドバイザーから専門的な知識からの指導や助言を受けております。

2018年2月15日開催の意見交換会概要

  • 除染の進捗状況と除去土壌等の輸送について、アドバイザーから防護対策に関する意見が挙げられ、現状確認のため掘り起し作業の現場と積込場を視察していただきました。
  • 積算線量計による測定事業について、測定希望者の減少や、除染等により追加被ばく線量が低減していることを受け、アドバイザーから今後の進め方を検討するための助言をいただきました。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

生活環境部原子力災害総合対策課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-4731

ファックス番号:024-924-3702

gensiryokusaigai@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ