ここから本文です。

更新日:2018年10月18日

不法投棄撲滅強化月間

1.概要

郡山市が加入している産業廃棄物不適正処理防止広域連絡協議会(通称名「産廃スクラム34」※)では、広域・悪質・巧妙化している産業廃棄物の不法投棄等の不適正処理を防止するため、「不法投棄撲滅強化月間」を設け、参加自治体間で連携して集中的な取組みを実施していおります。

「産廃スクラム34」とは、関東甲信越、福島県、静岡県内の34の都、県、市で構成され、産業廃棄物の不適正処理防止に向け、連携して取り組んでいる組織です。

2.強化月間期間

平成30年10月12日(金曜日)から同年12月28日(金曜日)までの間

3.スローガン

「しない、させない、ゆるさない不法投棄は犯罪です。」

4.参加自治体

福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県、東京都、福島市、郡山市、いわき市、宇都宮市、前橋市、高崎市、さいたま市、川越市、越谷市、川口市、千葉市、船橋市、柏市、横浜市、川崎市、横須賀市、相模原市、新潟市、長野市、静岡市、浜松市、八王子市

5本市の主な取組み

(1)不法投棄監視パトロールの強化

監視パトロールを強化し、不法投棄事案の防止及び不適正処理現場の早期発見に努めます。

(2)車両一斉路上調査の実施

産業廃棄物の収集運搬が適正に行われているかを調査するため、関係機関と連携し、産業廃棄物の収集運搬車両を対象に路上での調査を実施し、積載物の種類、廃棄物収集運搬業の許可の有無、産業廃棄物の処理ルート等を確認します。

(3)スカイパトロールの実施

福島県警察と連携し、上空からのパトロールを実施します。

(4)不法投棄監視カメラの設置

不法投棄事案を防止するため、不法投棄現場等に監視カメラを設置し、24時間監視を実施します。

(5)広報啓発活動

郡山市のホームページ等を用いて、不法投棄の撲滅に向けた広報啓発を実施します。

 

 

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

生活環境部廃棄物対策課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-3171

ファックス番号:024-935-6790

haikibutsu@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ