ホーム > くらし > ごみ・リサイクル > ごみ減量と環境美化 > だめヨン君のごみ処理講座

ここから本文です。

更新日:2018年2月6日

だめヨン君のごみ処理講座

イメージキャラクターだめヨン君

こんにちは、郡山市ポイ捨て等防止イメージキャラクターの「だめヨン君」です。

わたしと一緒に郡山市のごみの状況を見てみましょう。

だめヨン君

郡山市の頭文字「K」の形をした、市の花「ハナカツミ」色のごみ袋が、自らごみ処理をしている様子を表現しています。

また、犬の散歩時には、必ずスコップを持参し、ふんの後始末を忘れずにということも表現しています。

平成28年度ごみの量

1年間に排出されたごみの量:139,373トン(東日本大震災に伴うごみ量を除く。)

イメージキャラクターだめヨン君ひとり一日で1,164グラム、1年間で426キログラム排出しています。

平成28年度ごみ処理経費

1年間にごみを処理する経費:約48億円(東日本大震災に伴う経費を除く。)

イメージキャラクターだめヨン君ひとり一日で41円、1年間で14,797円の経費がかかっています。

ごみを減らすには

分別を徹底しよう

"混ぜればごみ、分ければ資源"
「ごみの日カレンダー」「家庭ごみの分け方と出し方」をよく確認して、ごみの分別を徹底して行いましょう。

3R(スリーアール)を実践しよう

3R(スリーアール)の実践とは

  • Reduce(リデュース)=排出抑制=ごみになるものを家に持ち込まない。
  • Reuse(リユース)=再使用=物を捨てないで生かして使う。
  • Recycle(リサイクル)=再生利用=捨てる前にもう一たび資源になるように努める。

生ごみを減らそう

排出されるごみのうち、生ごみの占める割合は約30%です。
そのほとんどが水分であるため、生ごみの水切りはごみ減量にとても有効です。

イメージキャラクターだめヨン君生ごみを肥料にしよう。

郡山市では、生ごみ処理容器の無償貸与を行っています。

ごみを減らし、上手にリサイクルすることは地球環境に大変良いことですよね!
できることから少しずつごみを減らして行きましょう。

ごみ処理施設

中間処理施設(焼却施設、不燃・粗大ごみ処理施設、資源化施設)

1.富久山3Rセンター

2.河内クリーンセンター

最終処分場

1.河内埋立処分場

2.西田埋立処分場(平成19年8月末埋立完了)

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

生活環境部清掃課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2181

ファックス番号:024-935-6790

seisou@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ