ホーム > くらし > ごみ・リサイクル > ごみ減量と環境美化 > 3R(リデュース・リユース・リサイクル)の実践

ここから本文です。

更新日:2015年9月10日

3R(リデュース・リユース・リサイクル)の実践

資源消費や環境負荷の少ない「循環型社会」の構築を図る手段として、廃棄物の発生抑制Reduce(リデュース)、再使用Reuse(リユース)、再生利用Recycle(リサイクル)の頭文字をとった3R(スリーアール)という考え方があります。

3Rとは

  • Reduce(リデュース):第一にごみを減らすこと。物を購入する時に過剰な包装を断ったり、必要のないものは購入しないなど、本当に必要かどうかもう一たび考えてみる。
  • Reuse(リユース):次に物を再使用すること。必要となくなったものをごみとして捨てるのではなく、洗ったり、直したりして再度使用できるようにする。
  • Recycle(リサイクル):最後に不必要となったものを再生して利用すること。不必要となったものをごみとして捨てるのではなく、物をつくるための原料や燃料として再度利用する。

3Rの具体例

Reduce(リデュース)

  • 買い物の際には、マイバッグを持参し、レジ袋は貰わないようにしましょう!
  • 商品を購入する際には、過剰包装や不用な包装は断りましょう!
  • 無駄な買い物はせず、必要な分だけ購入するようにしましょう!

Reuse(リユース)

  • 不用品については、フリーマーケットやバザーを活用しましょう!
  • びん類については、リターナブルびんなど再使用できるものを選びましょう!
  • 詰め替えができる商品については、繰り返し容器を使用しましょう!

Recycle(リサイクル)

  • リサイクル製品がある商品については、リサイクル製品を選びましょう!
  • 生ごみを処分する際には、生ごみ処理容器や電動式生ごみ処理機を活用しましょう!
  • 資源物を処分する際には、集団資源回収を活用しましょう!

3Rを実践しましょう

私たち一人ひとりが、「ごみ減量とリサイクル」に関して少しでも意識し、可能なことから実行すれば、『大量生産・大量消費・大量廃棄の使い捨て型社会』から『循環型社会』に転換し、さらには社会・経済システムまでも変えていくことにつながります。
みなさんも可能なことから3Rを実践してみてはいかがでしょうか!

関連リンク

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

生活環境部清掃課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2181

ファックス番号:024-935-6790

seisou@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ