ホーム > くらし > 環境 > 環境行政・計画 > 郡山市エネルギービジョン

ここから本文です。

更新日:2016年3月4日

郡山市エネルギービジョン

郡山市では、大量生産、大量消費の社会構造がもたらすエネルギー消費量の増加や、化石燃料の消費に伴う地球環境への影響等の環境問題に対応するとともに、将来にわたるエネルギー対策や取組みの指針として、2003(平成15)年に「郡山市地域新エネルギービジョン」を策定し、新エネルギーに関する施策を推進し、環境と共生した地域づくりを目指してきました。

しかしながら、これらの施策を推進して行く中で、エネルギー関連技術の進歩や、東日本大震災を起因とした東京電力福島第一原子力発電所事故の発生により、電力を中心としたエネルギーの在り方について市民の関心が高まる等、エネルギーを取り巻く環境が著しく変化しています。

このような状況の変化等を踏まえ、福島県においては「福島県再生可能エネルギー推進ビジョン(改訂版)」を2012(平成24)年3月に策定し、国においては「エネルギー基本計画」を2014(平成26)年4月に見直し、それぞれ新たなエネルギー政策を打ち出しました。

国や福島県の新たなエネルギー政策等を踏まえ、エネルギー利用形態の多様化、2020(平成32)年に開催が決定されている東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた環境配慮への対応、介護・医療費等社会保障費の急増が懸念される2025年問題等の社会情勢の変化によるライフスタイルの転換等、様々な課題に的確に対応していく必要があります。

そこで、本市においても化石燃料由来のエネルギー消費を減らし温室効果ガスの排出を抑制することを目的として、省エネルギーの推進や新エネルギーの利用拡大、さらにはエネルギー関連産業の集積等による活力ある地域づくりの取組みの指針を示す「郡山市エネルギービジョン」を策定しました。

ビジョンの基本事項

(1)ビジョンの目標

2020(平成32)年度における市内の電力消費量を2011(平成23)年度比20%削減し、その電力消費量の30%を再生可能エネルギー等の導入割合とする。

(2)重点プロジェクト

目標を実現するため、7つの「重点プロジェクト」を次のとおり設定し、実施します。

  • 「公共施設のスマートオフィス化」
  • 「家庭・事業所の更なる省エネ化へ向けた支援」
  • 「ICTを活用した効率的なエネルギー消費」
  • 「新エネルギーの更なる導入」
  • 「エネルギー関連産業を活用した地域活性化」
  • 「エネルギー関連技術の発信」
  • 「産・学・金・産総研・官の連携」

(3)ビジョンの推進期間

本ビジョン、2015(平成27)年度を初年度とし、2020(平成32)年度を目標年度とします。

(4)計画冊子の配布

郡山市エネルギービジョンについては、生活環境課、市政情報センター、各行政センター、公民館に閲覧用の冊子を備えるとともに、生活環境課において希望者に配付します。なお、本ウェブサイトからダウンロードすることもできます。

ビジョンダウンロード

郡山市エネルギービジョン

分割ダウンロード

郡山市エネルギービジョン省エネガイド

エネルギービジョンの策定に当たって、家庭やオフィスでも更に省エネに取り組んでいただくために、「省エネガイド」を作成しました。家庭やオフィスに「省エネガイド」を掲示し、皆さんで省エネに取り組みましょう。

関連情報

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生活環境部生活環境課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2731

ファックス番号:024-935-6790

seikatukankyou@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ