ホーム > くらし > 環境 > 環境行政・計画 > 郡山市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)

ここから本文です。

更新日:2014年3月4日

郡山市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)

実行計画表紙イラスト

郡山市では、これまで、環境と共生したまちづくりを進めるため、平成11年に「郡山市環境基本計画」を策定、平成16年に改定を行いました。さらに、平成22年からは「郡山市第二次環境基本計画」に基づき、地球温暖化をはじめとする地球規模の環境問題への対応を計画の柱として、環境の保全と創造に関する様々な施策を推進してきました。

そして、このたび、郡山市の現状や社会状況の変化を踏まえ、郡山市の地域特性を活かした地球温暖化防止策を積極的に推進することで地球温暖化の防止に貢献するため、温暖化防止の施策として「郡山市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)」を策定いたしました。

郡山市の豊かな自然と暮らしやすい生活環境を守るため、一人ひとりが環境の保全及び創造のために積極的に行動し、市民・事業者・行政が参加・協働していくことが重要だと考えております。そして、この取り組みによって、郡山市を低炭素社会に転換させることにともに、世界共通の喫緊の課題である地球温暖化の防止に貢献することを目的とします。

計画の基本事項

(1)計画の目標

「2020(平成32)年度における温室効果ガス排出量を2007(平成19)年度比で25%削減する。」

(2)取り組みの体系

目標を実現するため、6本の「取り組みの柱」を次のとおり設定し、それぞれの柱に沿った具体的な「取り組みの項目」を示しています。

  • 取り組みの柱1「地域の市民、事業者による省エネその他の排出抑制の推進」
  • 取り組みの柱2「再生可能エネルギー等導入の促進」
  • 取り組みの柱3「公共交通機関、緑地その他の地域環境の整備・改善」
  • 取り組みの柱4「廃棄物の発生抑制の促進、その他の循環型社会の形成」
  • 取り組みの柱5「環境教育・普及啓発の充実」
  • 取り組みの柱6「森林吸収源対策の推進」

(3)計画の期間

本計画は、2011(平成23)年度を初年度とし、2020(平成32)年度を目標年度として温室効果ガス削減目標を設定することとします。

(4)計画の進行管理

本計画の実効性を確保するためには、各種事業や施策の進行管理と事後評価の実施が不可欠であり、計画の進行管理と評価について、本市の「郡山市環境審議会条例」に定める「郡山市環境審議会」へ毎年度本計画に基づく施策の実施状況を報告し、必要な意見や提言を受け、施策への反映を図ることとします。
施策の実施状況については、進捗状況に対する郡山市環境審議会からの事後評価とあわせて「年次報告書」として公表していきます。

(5)計画冊子の配布

郡山市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)本編については、生活環境課、市政情報センター、各行政センター、公民館に閲覧用の冊子を備えるとともに、生活環境課において希望者に配付します。概要版については市政情報センター等でも配布しております。なお、本ウェブサイトからダウンロードすることもできます。

計画ダウンロード

郡山市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)(本編)

分割ダウンロード

郡山市地球温暖化対策実行計画(区域施策編)(概要版)

関連情報

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生活環境部生活環境課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2731

ファックス番号:024-935-6790

seikatukankyou@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ