ここから本文です。

更新日:2017年5月18日

歴史資料館

郡山市歴史資料館の施設概要をご案内します。

施設概要

郡山市には、太古から連綿と続く悠久の歴史があります。
市内の遺跡から出土した石器や土器などの考古資料、江戸時代や明治の様子を知ることができる古文書史料など、旧石器時代から近代に至るまでの郡山の歴史を分かりやすく説明・展示しています。

歴史資料館全景

日本遺産に認定されました!!

猪苗代湖・安積疏水・安積開拓を結ぶストーリー

『未来を拓いた「一本の水路」―大久保利通“最後の夢”と開拓者の軌跡 郡山・猪苗代―』

が、日本遺産に認定されました。日本遺産認定の詳細についてのページ

 

安積疏水パンフレット表紙つきましては、日本遺産認定を記念して、当館で平成26年度に開催した、企画展「資料でみる安積疏水~灌漑・発電・上水道~」のパンフレットに、加筆・修正したものを皆様にご紹介いたします。

 

<内容>

安積疏水開さくの経過を分かり易く紹介するとともに、産業の近代化に果たした役割にスポットをあてました。この時代の商工業の発達が、現在の郡山の町の姿の原型になっていくのです。

 

安積疏水パンフレット(PDF:14,565KB)

 

 

お知らせ

企画展「民衆の叫び~江戸時代の史料を読む~」の展示延長について

平成28年10月から開催しておりました企画展ですが、好評につき引き続き、当館3階第二展示室にて展示いたします(全館無料でご観覧いただけます)。

<企画内容>

江戸時代の農民の生活は、貢租の負担者として村落内部に閉じ込められ、常に厳しい監視と抑圧を受けていました。米の生産者である農民は、生産した米のほとんどを貢租のために納入しなければならず、飯料としてわずかの米が残されるだけでした。

また、幕藩体制を維持し強固にするため、幕府や諸藩は、厳しい封建的な社会秩序を築きあげていきました。武家社会における権威と服従の理論は、名主と村民・主人と召使・地主と小作などあらゆる人間関係に適用され”身の程”を知ることが世の道徳とされた社会でした。

このような江戸時代に、人口の80パーセントを占めていた農民が、名主や支配者である武士に向かって”声をあげ主張”することがありました。その事件を取り上げて、その原因と結果を史料から探り、社会の変化を読み解きます。

企画展パンフレット(PDF:8,127KB)

 

各階の紹介

1階案内室

郡山の歴史・郡山の文化財などを、年表や写真パネル・映像を通して概観することができます。また、市指定重要有形文化財も展示しています。

山王舘遺跡出土「浅鉢」

山王舘遺跡出土「浅鉢」

山王舘遺跡出土「三角土製品」

山王舘遺跡出土「三角土製品」

山王舘遺跡出土「三角壔立体土製品」

山王舘遺跡出土「三角壔立体土製品」

2階第一展示室(常設展)

市内の遺跡から出土した石器や土器などの考古資料と、歴史資料館所蔵の古文書史料などを中心に、旧石器時代から近代までの郡山の歴史を分かりやすく説明しています。

縄文土器

縄文土器

縄文土器(野中遺跡出土)

縄文土器(野中遺跡出土)

素弁蓮華文軒丸瓦

素弁蓮華文軒丸瓦

3階第二展示室(企画展)

企画展の様子郡山の歴史の各時代や分野の中にテーマを見つけ、問題点を取り上げながら、収蔵資料を中心にして詳しく分かりやすく展示しています。

 

只今、「民衆の叫び~江戸時代の史料を読む」を展示しております。

 

 

3階第三展示室(戦争資料展・生活用具展)

戦争資料展

戦争資料の様子

満州事変から第二次世界大戦までの15年にわたる戦争を、数々の資料をもとにふり返ります。

生活用具展

生活民具展の様子

生活様式の変化によって見られなくなった生活用具を通して地域の文化をふり返ります。

 

年間の主な行事

企画展(年1回開催)

郡山の歴史の各時代や分野の中にテーマを見つけ、問題点を取り上げながら、収蔵資料を中心にして詳しく分かりやすく展示します。

古文書教室(年3回開催)

二本松藩・守山藩・幕領関係史料を解読しながら、江戸時代における郡山地方の歴史を学習します。

史跡・文化財めぐり(年2回開催)

実際に現場を訪ねて学習し、郡山の史跡や文化財について理解を深めていただきます。

歴史資料館パンフレット

郡山市歴史資料館パンフレット(PDF:756KB)

その他

資料の閲覧

研究調査のために収蔵史料の利用ができます。郡山の歴史や文化の学習についての相談にも応じています。

利用時間

平成29年度開館日・行事カレンダー(PDF:105KB)

開館時間

午前10時より午後5時まで
(ただし、入館は午後4時30分、資料閲覧は午後4時まで)

休館日

  • 月曜日(月曜日が祝日のときは翌日以降の平日)
  • 年末年始(12月28日~1月4日まで)
  • 月末日(土曜・日曜の場合はその前日の平日)

展示替えなどにより、臨時に休館する場合があります。

入館料

無料

交通

バス(郡山駅前より)

(池の台経由)槍ヶ池団地行

図書館前下車

(麓山経由)大槻行

麓山一丁目下車

(池の台経由)静団地行

図書館前下車

(麓山経由)休石行

麓山一丁目下車

(池の台経由)コスモス循環池ノ台回り

図書館前下車

(麓山経由)山田原行

麓山一丁目下車

(池の台経由)下守屋行

図書館前下車

(麓山経由)御霊びつ行

麓山一丁目下車

自動車

麓山地区公共施設利用者駐車場をご利用ください。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部歴史資料館 

〒963-8876 福島県郡山市麓山一丁目8-3

電話番号:024-932-5306

ファックス番号:024-932-5306

rekisisiryokan@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ