ホーム > 防犯・防災 > 防犯 > 予防・啓発 > 振り込め詐欺に注意しましょう

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

振り込め詐欺に注意しましょう

あやしい電話や郵便物などに注意!その電話、振り込め詐欺ではありませんか?

不審電話

振り込め詐欺による被害は依然として後を絶ちません。
振り込め詐欺の犯人は、さまざまな手口で、あなたやあなたの家族をだまそうとしています。

不審電話は突然掛かってきます。日頃から十分に注意しましょう。

少しでも不審に思ったら警察に相談を!

郡山警察署電話番号:024-922-2800(代表)

郡山北警察署電話番号:024-991-0110(代表)

振り込め詐欺の被害は依然として後を絶ちません

2016年(平成28年)中の福島県内の振り込め詐欺被害

2016年(平成28年)中の福島県内の振り込め詐欺被害件数は、101件、被害総額は3億,831万円にも上っています。

手口別では、息子や警察官を装う「オレオレ詐欺」が最も多く発生しています

不審電話2

主な手口は…

電話をかけてきて、息子などを名乗り、「借金をしてしまった」、「会社の金を使い込んでしまった」とか、「女性を妊娠させた」などと言って、現金を振り込ませようとします。

事前に「インフルエンザや風邪で声が変わった」、「携帯電話の番号が変わった」などと言い、何回にも渡って電話をかけてきて、信用させています。

また、学校の卒業アルバムなどの個人情報を入手していて、最初から息子や孫の名前を名乗って電話をかけてくるケースもありますので十分注意しましょう。

被害にあわないために

こういった電話があったときは、あわてたり動揺したりせずに、まず、「詐欺かもしれない」と疑ってみてください。

すぐにお金を振り込まずに、電話の内容が事実かどうか確認しましょう。

振り込む前に、ひとりで判断しないで家族や親戚、友人などに相談しましょう。

不審・心配に思ったときは、すぐに警察署に相談してください。

還付金詐欺の被害が増えています

不審電話3

市役所や税務署職員などを名乗り、「医療費や税金の還付金がある」などと言ってだましてATM(キャッシュコーナーの機械)の操作をさせ、現金を振り込ませる「還付金詐欺」の被害が増加傾向にあります。

医療費の還付や税金の還付、年金の手続きなどのために、市民の方に電話で金融機関のATMの操作を求めることは絶対にありません。
「ATMに行ってください」などという電話は詐欺です!
不審な電話があった場合は、すぐに
警察に相談してください。

キャッシュカードをだまし取る詐欺にも注意

不審電話4

過去、市内でもキャッシュカードをだまし取られる被害がありました

市内の女性宅に、郡山警察署員を名乗る男から「カードを偽造された人の名簿にあなたの名前があります。カードを持っていますか」と電話があり、女性が「持っている」と答えると、電話をかわった銀行協会職員を名乗る男から「カードの暗証番号を教えてください。これから訪問する者にカードを渡してください」などど持ちかけられ、女性が暗証番号を伝え、その後自宅を訪れた男にカードを渡してしまい、現金約400万円が引き出されるという被害が市内でも発生しています。

警察官や金融機関関係者などが電話で「口座番号」や「暗証番号」を聞いたり、自宅を訪問して通帳やカードを預かったりすることはありません。
「カード預かります」という電話は詐欺です!
このような電話があった際は、すぐに警察に連絡してください。

郡山警察署作成チラシ振り込め詐欺警戒ニュース「カードをだましとる詐欺に注意」(PDF:538KB)

そもそも振り込め詐欺とは?振り込め詐欺の主な手口

振り込め詐欺とは、電話や文書、メールなどで相手をだまし、金銭をだまし取る犯罪です。
主な手口は次のとおりですが、年々手口は多様化し、巧妙になってきています。
被害にあわないよう、日頃から十分注意しましょう。

振り込め詐欺の主な手口一覧

オレオレ詐欺

電話を利用して親族、警察官、弁護士などを装い、「交通事故の示談金」、「借金の返済」、「会社の金に手をつけた」、「痴漢の示談金」などの名目で、現金を預金口座等に振り込ませるなどの方法によりだまし取ろうとします。

被害にあわないために

こういった電話などを受けたときは、すぐに振り込んだりせず、あわてずに、それが事実かどうか確認しましょう。
少しでも不審だと感じたときは、警察に相談してください。

架空請求詐欺

郵便や電子メールなどを利用して不特定多数の人に、有料サイトの使用料など架空の事実を口実として料金を請求して、現金を預金口座等に振り込ませるなどの方法によりだまし取ろうとします。

被害にあわないために

「サイト情報料未納」、「退会手続がされていない」、「個人情報削除金」など、心当たりのない請求メールや通知が来た場合、架空請求詐欺の疑いがあります。

メールや通知に記載されている連絡先に電話をすると「給料や財産を差し押さえる」、「法的処置をとる」、「このままだと料金が増える」などと、現金の振り込みを要求されます。注意しましょう。

融資保証金詐欺

実際には融資しないにも関わらず、お金を融資するなどとの郵便やFAXを送付するなどして、融資を申し込んできた者に対し、保証金などを名目に現金を預金口座等に振り込ませるなどの方法によりだまし取ろうとします。

被害にあわないために

「簡単審査低金利」「だれでも融資担保不要」などが記載されたダイレクトメールやFAXが自宅や会社に届いた場合、融資保証金詐欺の疑いがあります。

ダイレクトメールに記載されている連絡先に電話をした場合「保証金が必要」、「信用実績をつくるため」、「返済能力を確認する」、「ブラックリストからの削除費用」などと、現金の振り込みを要求されます。注意しましょう。

還付金等詐欺

税務署や社会保険事務所などと名乗り、税金、年金、医療費などの還付金があるなどと偽り、手続きを装ってATM(キャッシュコーナーの機械)を操作させ、口座振替等により現金をだまし取ろうとします。

被害にあわないために

税金、年金、医療費などの還付金のためにATM(キャッシュコーナーの機械)を操作させることは絶対にありません。注意しましょう。

ページの先頭に戻る

チラシのダウンロード

電話の近くに貼っておきましょう。

振り込め詐欺関係リンク

手口は日々変化しています。常に情報をチェックしておきましょう。

関連リンク

防犯情報は「クチコミ」が大事です。ご家族、ご近所、勤務先、お友達などにも教えてあげてください。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民部セーフコミュニティ課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2151

ファックス番号:024-921-1340

safecommunity@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ