ホーム > くらし > 戸籍・住民票などの手続き > 郵便請求 > 郵便による戸籍の附票の請求

ここから本文です。

更新日:2017年8月31日

郵便による戸籍の附票の請求

郵便による戸籍の附票の請求方法

戸籍の附票とは、住所の履歴の証明です。
窓口においでになれない方は郵便で戸籍の附票を請求していただくことができます。
下記の(1)~(4)を同封し、郡山市役所市民課まで郵送してください。

[あて先]〒963-8601
福島県郡山市朝日一丁目23番7号

郡山市役所市民課窓口係

(1)請求書

下記よりダウンロードしていただき、印刷したものに必要事項を記入してください。もしくは、便箋等に必要事項を記入していただいてもかまいません。

[必要事項]

  • 請求される方の住所、氏名、電話番号(日中つながる番号)
  • 必要な戸籍の本籍、筆頭者
  • 一部(個人)の附票が必要な場合は必要な方の氏名
  • 必要な住所(どこからどこまでの住所の履歴が必要か)

(2)郵便定額小為替

[手数料]
戸籍の附票の写し:1通250円

(※住所の履歴を証明するためには複数の附票が必要な場合もあります。詳しくは市民課までお問い合わせください。)

(3)返信用封筒

返送先を記入して、必要分の切手を貼ってください。請求する通数が多い場合には、貼らずに多めの切手を同封してください。

(※返送先は原則、住民票上の現住所地になります。)

[参考]郵便料金表(外部サイトへリンク)

(4)本人確認書類の写し

運転免許証や健康保険証等、住所の記載があるものの写しが必要です。

(※本人、その配偶者又は直系血族以外の方が請求する場合は、委任状も必要です。)

郵便で戸籍の附票を請求する際のポイント!

  1. 郡山市では平成16年7月から戸籍が電算化され、それ以前のものは平成改製原戸籍となり、附票もそれに伴い改製されました。現在の附票に記載されている住所は平成16年7月25日以降についてですので、それ以前の住所の履歴を必要とする方は平成改製原附票も請求してください。
  2. 婚姻・離婚・養子縁組等により戸籍の異動があった方は、附票を複数にまたがって取得しないと住所の履歴が証明できないことがあります。詳しくは市民課までお問い合わせください。
  3. 具体的にどこからどこまでの住所の履歴が必要かを申請書に書いていただければ、内容を確認しそれに合った附票を発行することができます。

(※1、2に該当する場合は、発行されたそれぞれの証明書分の手数料をいただくことになります。)

ダウンロード

関連リンク

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民部市民課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2131

ファックス番号:024-924-2971

shiminka@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ