ホーム > くらし > 人権・男女共同参画 > 人権 > 平成29年度人権・男女共同参画研修会を開催しました。(テーマ:若年女性の貧困)

ここから本文です。

更新日:2018年1月26日

平成29年度人権・男女共同参画研修会を開催しました。(テーマ:若年女性の貧困)

平成29年度人権・男女共同参画研修会を以下のとおり開催いたしました。

  • 日時:平成30年1月22日(月曜日)午後2時から午後3時30分
  • 場所:郡山市役所本庁舎2階 特別会議室
  • 対象:市民、教育関係者、人権擁護委員、市職員等
  • 講師:飯島裕子氏(ノンフィクションライター)
  • テーマ:「若年女性のリアル~著書『貧困女子』から見える現状と支援の取り組み~」
  • 参加者:86名
  •  

講演の様子 講演する講師

【講演内容】

講演テーマでもある「ルポ貧困女子」を執筆する上で、非正規雇用又は無職の女性47人に話を聞いたところ、男性の貧困と比べて、女性の貧困は見えづらく、パワハラやリストラといった仕事上のトラブルや、虐待などの家族間のトラブルなど貧困に至る経過が多様であった。

女性は家族の元が最も安心・安全と思われがちだが、家族がトラブルの源となっていることが多く、講師の実施した調査でも40%の女性が虐待など家族間のトラブルを抱えていた。更に、若年無業者(ニート)の定義から家事手伝いは除かれており、女性の貧困は家族に隠され可視化しにくい。

これまでも女性にとって貧困や非正規雇用は身近な問題ではあったが、未婚率の上昇や男性稼ぎ主モデルの崩壊に伴い、女性の貧困が以前より社会的問題として認知されてきた。これに伴い、若年無業女性向けの講座、電話やSNSを活用した相談等の支援の取り組みが広がりつつある。今後は、従来からの取り組みやノウハウを活用して、継続的な支援やつながりの構築等、更に支援を拡げていくことが必要である。

【参加者からの感想】

・自分が想像していた以上に、若年女子達の置かれている状況が厳しい事がわかった。飯島さんが直接、対象者にインタビューをされていたので、話に説得力があった。(30代女性)

・家族が危ういセーフティネットになるという事実に大変驚いた。又、家事手伝いはニートの定義から外されていることは初めて知った。(50代男性) 等。

 

 

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

市民部男女共同参画課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-3351

ファックス番号:024-921-1340

danjokyoudou@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ