ここから本文です。

更新日:2018年3月30日

固定資産の価格

固定資産は、次の手順で価格や税額を決定します。

①固定資産を評価し、その価格を決定します。


②決定した価格を基に課税標準額を算定します。


③課税標準額×税率=税額となります。

固定資産税の評価と価格の決定

固定資産の評価は、固定資産評価員が、総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて、固定資産を評価し、市長がその価格を適正な時価として決定します。

価格の登録と据え置き措置

土地と家屋については、原則として基準年度(3年ごとにあり、平成30年度が基準年度です。)に評価替えを行い、その決定価格を固定資産課税台帳に登録します。この決定価格は、土地の地目の変更や家屋の増築などの場合を除き、原則として3年間据え置かれます。ただし、地価の著しい下落があり、価格を据え置くことが適当でないときは、価格の修正を行うことになります。

償却資産は、毎年評価してその価格を固定資産課税台帳等に登録します。

課税標準額の決定

基準の価格(評価額が、原則として課税標準額となります。)が固定資産課税台帳に登録されます。ただし、住宅用地の特例、新築家屋の軽減特例又は土地の負担調整措置に該当する場合は、別の計算により課税標準額を求めます。

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

税務部資産税課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2091

ファックス番号:024-935-5320

shisanzei@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ