ホーム > くらし > 税金 > 個人市民税 > 所得と控除 > 退職所得に係る市県民税について

ここから本文です。

更新日:2019年1月4日

退職所得に係る市県民税について

退職所得に係る市県民税は、他の所得と分離して計算され、退職金などの支払を受けるときに徴収されます。

計算式は次のとおりです。

(1)一般退職手当等に係る退職所得金額の計算
(退職手当等の金額-退職所得控除)×2分の1×税率

(2)特定役員退職手当等に係る退職所得金額の計算
(退職手当等の金額-退職所得控除)×税率

※特定役員退職手当等とは、勤続年数が5年以内である法人役員等(公務員を含む。)に支払われる退職手当をいいます。

※税率は、市民税6%、県民税4%(それぞれ100円未満は切り捨て)

〔退職所得控除〕

勤続年数

退職所得控除額

20年以下のとき 40万円×勤続年数(80万円に満たないときは80万円)
20年を超えるとき 800万円+70万円×(勤続年数-20年)

マイナンバー制度開始に伴う記載事項の追加について

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)の開始に伴い、平成28年1月1日以降に提出いただく「退職所得に係る市民税・県民税納入申告書」について、13桁の法人番号を記載していただきます。

退職所得に係る市県民税所得割を納入いただく際、納入書裏面の納入申告書を記載いただいているところですが、平成28年1月1日以降に納入いただくものについて、今までの記載事項に加え、法人番号の記載をお願いいたします。記載欄のない既存の様式をお使いの場合は、(特別徴収義務者)欄余白部分に記載してください。なお、納入書の表面に法人番号を記載する必要はありません。

なお、個人事業主の方が退職所得に係る市県民税所得割を納入いただく際は、納入書の表面のみ記載して金融機関に提出し、以下に掲載した「退職所得に係る市民税・県民税納入申告書」に別途記載のうえ、収納課に提出してください。金融機関等は個人番号を取り扱うことができないため、事業主の方が金融機関と市に対してそれぞれ提出していただくこととなります。

退職所得に係る市民税・県民税納入申告書(PDF:79KB)

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

税務部市民税課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2081

ファックス番号:024-935-5320

shiminzei@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ