ホーム > ファシリティマネジメント > ファシリティマネジメントについて > 郡山市の公共施設等に関する市民アンケートの結果について

ここから本文です。

更新日:2018年4月13日

郡山市の公共施設等に関する市民アンケートの結果について

これまで地方公共団体は、一貫して社会資本の積極的な整備を推進してきました。

しかしながら、少子高齢化が進むに従い住民のニーズも変化し、更に、人口減少の時代を迎えた今日、蓄積された社会資本のすべてをそのまま維持していくことは困難となってきています。

地方公共団体が保有している財産は、これまで納められた大切な税金等により取得したものであり、これら貴重な財産については、無駄なく将来にわたって有効に活用し、引き継いでいかなければなりません。

このような中、本市では、適正な行財政運営に努めるとともに、行財政改革を推進し、学校や市営住宅などの公共施設や上下水道や道路などのインフラ施設(以下、「公共施設等」といいます。)の効率的・効果的な整備により、行政サービスの充実に取り組んできましたが、今後、限られた財源の中でこれらの公共施設等を適切に管理していくとともに、次世代に負担を残さずに引き継いでいくために、どのような方策をとるべきかを考える際に市民の皆様の意向を把握し反映させていくため、市民アンケートを実施しました。

今後は、このアンケート結果及び先に作成しました公共施設白書をもとに、市民の皆様と公共施設等の現状に関する情報を共有しつつ、財政負担に耐え得る適正な公共施設等のあり方について考えていきます。

ご回答いただきました皆様、ご協力ありがとうございました。

調査概要

1.調査時期

平成27年1月20日(火曜日)から平成27年2月20日(金曜日)

2.調査方法

郵送による配布・回収

3.調査人数

5,000名(郡山市にお住いの20歳以上の男女の方から無作為抽出)

4.有効回答者数

1,889名

5.回答率

37.8%

設問概要

  • 公共施設の利用状況(施設類型別・利用目的別)
  • 公共施設老朽化問題の認知状況
  • 公共施設・インフラ施設の管理上、実施すべきもの
  • 規模の縮小や集約しても良い施設
  • 公共施設やインフラ施設を維持するために必要な方策について(自由意見)
  • 今後の市の公共施設やインフラ施設に関する取組みについて(自由意見)

アンケート結果

 

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財務部公有資産マネジメント課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2051

ファックス番号:024-931-3245

kouyushisan@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ