ホーム > 市政情報 > 予算・財政 > 新公会計制度 > 新公会計制度の導入経過

ここから本文です。

更新日:2017年9月28日

新公会計制度の導入経過

導入目的

説明責任の充実

複式簿記・発生主義による新公会計制度の導入により、これまでの官庁会計では見えにくかった資産や負債などのストック情報や、減価償却費や退職手当引当金などのコスト情報の把握が可能となり、財政の透明性を高め、市民の皆様に対する説明責任をより適切に果たします。

マネジメント機能の強化

財務諸表から得られるストック情報やフルコスト情報を行政評価や予算編成等に活用することにより、行政マネジメントの強化を図り、行財政の効率化や持続可能な財政運営を行います。

これまでの取り組み

時期 内容
平成25年7月 新公会計制度・複式簿記研究会設置
平成25年8月 先進自治体講演会(講師:東京都会計管理局)
平成26年2月 新公会計制度・複式簿記研究会検討結果の報告(PDF:586KB)
平成26年5月 東京都と協定締結(先進自治体から実務的な支援を受けるため)
平成26年6月 新公会計制度導入委員会設置(PDF:66KB)
平成26年10月 職員研修(新公会計制度・複式簿記基礎研修)
平成27年1月~2月 職員研修(新公会計制度・複式簿記実務研修)
平成27年3月 職員研修(システム操作研修)
平成27年4月~ 新公会計制度導入(日々仕訳開始)
平成27年7月 職員研修(新公会計制度・複式簿記基礎研修)
平成27年8月 職員研修(マネジメント研修)
平成27年10月 先進自治体講演会(講師:東京都町田市財政課)
平成27年10月~11月 職員研修(新公会計制度・複式簿記実務研修)
平成28年8月 職員研修(マネジメント研修)
平成28年9月 平成27年度決算会計別財務諸表作成・公表
平成29年9月 平成28年度決算会計別、事業別等財務諸表作成・公表

 

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財務部財政課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2071

ファックス番号:024-931-3245

zaisei@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ