ここから本文です。

更新日:2014年2月19日

Vol.3 湖南民話の会

湖南民話の会

湖南民話の会

  • 会長 吉原 節子さん(中央)
  • 佐藤 加津子さん(右)
  • 武藤 秀子さん(左)

市立小学校全校で行っている「わくわく!湖南移動教室」は、子どもたちのたくさんの笑顔であふれています。

この移動教室で協力いただいている「湖南民話の会」の皆さんに話を聞きました。(広報こおりやま2012年8月号に掲載時の内容となります。)

地域に伝わる民話は心のふるさと

湖南移動教室語り部体験の様子

みんなの前で民話を暗読する語り部体験の風景

湖南町には、およそ200話の民話があります。これらの民話の中にある地域の歴史や昔の暮らし、先人の知恵や教え、地域ならではの方言を風化させないで、次の世代に引き継いでいければと活動しています。活動を始めて今年で10年目。これまでは、地元の保育所や小・中学校などで民話を語り伝えてきました。

今年は、湖南移動教室の民話学習に協力させていただいています。私たちが語るだけでなく、子どもたちに民話を覚えてもらって、発表する語り部体験もしています。

体験した子は、みんな自信がつくのか、とても良い表情になるんですよ。その様子を見て「学校でもやらせます」とおっしゃる先生もいます。私たちも子どもたちから元気をもらっていますし、民話に親しみ、喜んでくれる子どもたちに、感謝の気持ちでいっぱい。

これから、将来を背負って立つ子どもたちに結返しと思ってやっています。子どもたちには、何よりも湖南で思いっきり羽根を伸ばしてほしいです。そして、将来故郷を離れても、地元を忘れないよう、民話が心のふるさととして伝わってくれればうれしいですね。

湖南移動教室の様子

湖南サイコー!!

大成小学校の子どもたち(旧月形小学校にて)
[わくわく!湖南移動教室]

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

政策開発部広聴広報課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2061

ファックス番号:024-924-3180

kocho@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ