ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉・介護 > 高齢者の生活支援・介護予防・生きがいづくりなど > 座ったままできる!上半身のリラックス運動(2014年11月号)

ここから本文です。

更新日:2014年10月20日

座ったままできる!上半身のリラックス運動(2014年11月号)

年齢を重ねて運動量や筋力が低下すると、免疫力が下がって病気にかかりやすくなったり、認知症になりやすくなってしまいます。

日ごろから無理なくできる運動を習慣づけて、筋力や柔軟性を高めて、元気に長生きできる体づくりを目指しましょう。

今回の運動の効果

  1. 姿勢が良くなる
  2. 酸素を多く取り込める(深く呼吸ができる)
  3. 飲み込みがしやすくなる

運動1

運動1の動作1 運動1の動作2

タオルを体の前に持ち、息を吸いながら腕を上げ、息を吐きながら下ろします。
首や肩周りの動き、胸を広げるのに効果的です。

運動2

運動2の動作1 運動2の動作2

タオルを頭の後ろに持ち、息を吸いながら腕を上げ、息を吐きながら下ろします。
肩甲骨の動き、背筋の伸びに効果的です。

運動3

運動3の動作1 運動3の動作2

タオルを両手に持ち、息を吐きながら体を左右にねじります。
胸郭の動きや、消化・排泄機能に効果的です。


笹本雄一朗さん

今月の講師:笹本雄一朗さん

(一財)太田綜合病院附属太田西ノ内病院
総合リハビリテーションセンター理学療法科係長

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ