ホーム > 市政情報 > 国際交流・都市間交流 > 郡山から世界へ > Vol.2 ライアン・マクドナルドさん

ここから本文です。

更新日:2015年1月16日

Vol.2 ライアン・マクドナルドさん

「This is Fukushima」。そう題されたカレンダーが、全世界から注目を集めています。作成したのは、市内の学校で英語を教える外国人講師たち。中心となったライアン・マクドナルドさんに、カレンダーに託した、もう一つのふるさとへの思いを伺いました。

2015年版のカレンダーを作成した皆さん

カレンダー作りに携わるライアン・マクドナルドさん(中央)と外国人講師の皆さん

本当の福島を伝えたい

ライアン・マクドナルドさん

ライアン・マクドナルドさん

アメリカ・ジョージア州出身。平成14年に県立高校のALT(外国語指導助手)として来日。平成17年から本市教育委員会の英語講師として勤務し、現在は明健小・中学校、小泉小学校で授業を行う。趣味はパソコンや写真、旅行と多彩で、何より日本酒が大好き。

インタビュー

福島に来てから、自然の美しさや、温かい人柄に魅了され続けてきました。アメリカのふるさとを思い出すこの街が、ずっと大好きでした。

震災と原発事故が起きて、アメリカの家族や友人から「早く帰って来て」と心配されましたが、帰国するつもりは少しもなかったんです。復興へ向け頑張る、大好きな福島の皆さんとともに生きていく使命を感じたし、何より子どもたちのそばにいたかったから。そんな覚悟と同時に、現在の福島、本当の福島の姿を世界の人々に少しでも知ってほしいという思いが湧き上がってきました。

そこで、美しい福島の風景や人々を写したカレンダーの制作を思い付きました。写真集だと本棚に収まってしまうけれど、カレンダーなら、壁にかけて見てもらえますよね。友人が撮影した写真を使って、私のパソコンで編集したオリジナルのカレンダーを世界中に送りました。予想以上の反響で、エリザベス女王から礼状も届いたんですよ!福島の元気な姿を世界に少しでも知ってもらえて、とてもうれしかったですね。

これからも、仲間とともに、素晴らしいもう一つのふるさと福島を、世界に広めていきたいです。そして、子どもたちが英語の授業を通じて、世界にチャレンジするような幅広い視野を持つ大人に育つことが、My Dreamですね。

(広報こおりやま2015年2月号より。情報は当時のもの)

カレンダー「This is Fukushima」

「これが福島です」と名付けられたカレンダーで、2013年版の制作を皮切りに、2014年12月には2015年版を発行。満開の開成山の桜や布引高原のヒマワリなど、ライアンさんたちの福島への思いが詰まっています。

2015年版

これが福島です2015年版カレンダー

「This is fukushima」 これが福島です 2015年版(PDF:3,274KB)

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策開発部広聴広報課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2061

ファックス番号:024-924-3180

kocho@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ