ここから本文です。

更新日:2018年1月24日

郡山市歌

土井晩翠作詞

橋本國彦作曲
昭和6年作

郡山市制施行を記念して建てられた郡山のシンボル「公会堂」

1.天の時あり地の利あり
人の和ありて事のなる
その現証を見よとこそ
金石透る誠より
栄(さかえ)日に増す郡山

万葉集のころより歌に詠まれた市の花「ハナカツミ」

2.安積の山と浅香沼
古典の中にかんばしき
あさか新たに育英と
殖産及び興業の
機関の名とし今かおる

安積疏水の恵みにより飛躍的な発展を遂げた現在の郡山

3.太平洋と日本海
結ぶ疏水の力見よ
大湖とともに千載の
長きに亙(わた)る富の基
東北一は市の理想

明治九年に明治天皇が宿泊された開誠館。明治十四年にも行幸。

4.市よその昔大帝の
竜駕再びとどまりし
光栄の場つつしみて
心にしるしああ奮え
先人われに則与ふ

 

「郡山市歌」原曲楽譜発見の経緯

「郡山市歌」の楽譜は、長年、その正確な内容が不明となっていましたが、平成7年頃、

当時の鈴木武司郡山市議会議員が音を頼りに楽譜を書き起こす「採譜」により楽譜を復元し、

郡山市民手帳に歌唱用の復元楽譜を掲載してきました。

その後、平成28年9月に品川萬里郡山市長が、東京藝術大学を介して作曲者橋本國彦氏

の研究者に、「郡山市歌」の原曲楽譜の所在確認を依頼したところ、明治学院大学図書館附属

日本近代音楽館に橋本國彦氏手書きの楽譜が収蔵されていることが判明しました。

このウェブページに掲載した楽譜は、その橋本國彦氏手書きの楽譜を清書したものです。

なお、平成30年(2018年)版以降の郡山市民手帳にも、橋本國彦氏手書きの楽譜を基にした

歌唱用の楽譜を掲載しております。

郡山市歌の楽譜

PDF形式の楽譜をダウンロードすることができます。

 

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部総務法務課

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2031

ファックス番号:024-924-0956

soumuhoumu@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ