ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 政策・総合計画 > 総合計画 > 第五次総合計画第十次実施計画

ここから本文です。

更新日:2017年7月17日

第五次総合計画第十次実施計画

第五次総合計画第十次実施計画(平成29年度~31年度)について

実施計画策定の目的と期間

実施計画は、「郡山市第五次総合計画後期基本計画」で定める施策を計画的に実施するために、必要な事業を明らかにするものであり、社会・経済情勢などの変化に応じながら、施策の実効性の確保を図るため、毎年度策定するものです。
第十次実施計画の期間は、平成29~31年度までの3年間としますが、毎年ローリングにより見直すこととしています。

第十次実施計画の概要

第十次実施計画の策定に当たっては、先見性を持って時代の変化に即応する施策を強力に推し進め、本市の将来を担う次の世代をはじめ、全ての人が将来に夢と希望を持ち、更なる発展を目指すことができる持続可能な郡山の創造へ向けた事業創出を図るものとします。

「市民総活躍で郡山創生の深化を目指す」“重点8分野”

市民総活躍で、バックキャストの発想とICTの推進による郡山創生の深化、そして大震災や原子力災害からの復興をはじめとする主要課題の解決のため、特に以下の項目を“重点8分野”とし、緊急性・重要性の高い施策の効果的な推進を図ります。

  1. 被ばく防護対策
  2. 産業の活性化(しごとみがき)
  3. 定住・交流人口の増加(ひとの流れ)
  4. 子育て支援・女性の活躍推進(若い世代の希望)
  5. 安全・安心なまちづくり(時代に合った地域づくり)
  6. 健康長寿社会の実現
  7. 教育環境の充実
  8. インフラ・交通体系の整備

「大綱」別事業数

項目

事業数

大綱1:信頼の絆で結ばれた市民が主役の協働のまち

53(2)

大綱2:ともに学び、ともに育み、未来を拓くまち

49(53)

大綱3:安心して生きいきと暮らせる健康福祉のまち

70(46)

大綱4:人と地球にやさしい持続可能なまち

41(7)

大綱5:活気にあふれ躍動する産業のまち

24(69)

大綱6:都市と自然が調和する快適で安全なまち

35(30)

大綱7:手を取り合って明日を創るまち

219

491(207)

()は大綱7に掲載した再掲事業数
※郡山市第五次総合計画第十次実施計画は以下のリンク(ダウンロード)からご覧になることができます。

ダウンロード

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

政策開発部政策開発課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2021

ファックス番号:024-924-2822

seisaku-kaihatsu@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ