ホーム > 「SDGsから郡山の未来を考えるワークショップ(第3回)」を開催しました。

ここから本文です。

更新日:2018年11月29日

「SDGsから郡山の未来を考えるワークショップ(第3回)」を開催しました。

「国立環境研究所福島支部」、「うつくしまNPOネットワーク」との連携により実施してきました全3回のワークショップの最終回となる、第3回のワークショップを11月27日(火曜日)に開催しました。

今回は、これまでのワークショップで出された地域課題や参加者の行動・活動を踏まえて、郡山の地域課題を解決するための行動・活動のアイデアについて話し合いました。

第3回ワークショップの様子1

第3回ワークショップの様子2

グループワークでは、3つのグループに別れ、SDGsの17目標における地域課題について解決策を話し合いました。

第3回ワークショップの様子3

それぞれのグループから出された意見やアイデアを発表し、参加者同士の共有を図りました。

第3回ワークショップの様子4

最後には参加者の皆さんと記念撮影を行いました。

3回のワークショップを通じて、いただいた御意見やアイデアは、郡山の地域課題の解決やSDGsの推進に活かしてまいります。

第2回ワークショップ

9月の第1回ワークショップに続き、10月19日(金曜日)に第2回のワークショップを開催しました。

今回は、「「自分ごと」としてのSDGsの現状把握」をテーマに、SDGsの17目標について、参加者自身がこれまでにどのように行動・活動してきたかを話し合いました。

五味主任研究員による話題提供

第2回ワークショップの様子1

今回も最後に各グループから発表を行い、それぞれの行動・活動について共有を図りました。

第2回ワークショップの様子2

第2回ワークショップの様子3

第2回ワークショップの様子4

第3回目となる次回は、11月の開催を予定しています。

第1回ワークショップ

SDGs(エスディージーズ)※の基礎知識を学び、実践へとつなげることを目的として、9月20日(木曜日)にワークショップ形式による勉強会を開催しました。

冒頭、国立環境研究所福島支部の五味主任研究員から「持続可能な地域づくりに向けたSDGsの活用」と題した話題提供をいただき、SDGsについて分かりやすく説明していただきました。五味主任研究員による話題提供

一般企業やNPO団体、市職員などの多様な参加者約30名がが4つのグループに分かれ、グループワークを行いました。

グループワークでは「SDGsカード」を使用し、SDGsの視点から見た郡山市の地域課題について、各グループとも活発な意見交換が繰り広げられていました。

ワークショップの様子1

ワークショップの様子2

最後には各グループから、本日の話し合いの内容について発表が行われ、郡山市の地域課題に対する様々な意見の共有が図られました。

ワークショップの様子3

ワークショップの様子4

ワークショップは計3回の開催を予定しており、次回は10月中旬の開催を予定しています。

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは

2015年9月の国連サミットで採択された2030年を期限とする、先進国を含む国際社会全体の17の開発目標のことを言います。全ての関係者が役割を重視し、「誰一人取り残さない」社会の実現を目指して、経済・社会・環境をめぐる広範な課題に取り組むものです。


よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

政策開発部政策開発課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2021

ファックス番号:024-924-2822

seisaku-kaihatsu@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ