ホーム > 防犯・防災 > 防災 > 自主防災・啓発 > 「もしも」のために、今できること

ここから本文です。

更新日:2017年3月30日

「もしも」のために、今できること

いつ起こるのか、誰にも予測することができない災害。その「もしも」に備えるために、日頃から私たちができることを考えましょう。

情報を集めて身を守りましょう

避難する前に確認すること及び洪水時避難のポイント

誰でも出来る、身近な「自助」は、気象情報に注意することから始まります。
気象庁では、全国に配置した様々な気象レーダーや衛星などを活用して24時間体制で気象状況の観測監視を行っています。気象データは、気象庁等のホームページで公開されています。
また、テレビやラジオ、携帯電話やパソコン等、様々な手段で気象情報を入手できる環境が整っていますので、「いざというとき」のために情報を集めておきましょう。

家族で準備しましょう

家族防災会議の開催及び非常用持出品や備蓄品の準備

災害時に共通して出てくる問題は、通信手段です。携帯電話が普及し、身近な存在になっていますが、大きな災害が発生した場合、通信ができないという場合も出てきます。
通信ができない場合の家族などとの安否確認ができるよう連絡方法と待ち合わせ場所を決めたり、家族で話し合いをすることが大切です。

関連リンク

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

お問い合わせ

総務部防災危機管理課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2161

ファックス番号:024-924-0999

bousaikikikanri@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ