ホーム > 市政情報 > 人事・職員 > 職員の退職管理について

ここから本文です。

更新日:2016年5月25日

職員の退職管理について

離職後に営利企業等に再就職した元職員が現職の職員に対し、在職時の職務に関して一定の影響力を背景に、職務上の行為(契約、許認可等)をするように又はしないように要求し、又は依頼することについては、職務の公正な執行及び公務に対する市民からの信頼を損ねる恐れがあることから、平成28年4月1日から地方公務員法、郡山市職員の退職管理に関する規則に基づき、就職者(離職後に営利企業等の地位に就いている元職員)の退職管理を実施します。

退職管理の概要

「郡山市職員の退職管理の概要」(PDF:78KB)をご覧ください。

参考:地方公務員の退職管理の適正の確保について(総務省自治行政局公務員部資料)(PDF:948KB)

規制の対象となる「再就職者による働きかけ」とは

  1. 再就職先企業との契約を有利にするよう要求又は依頼すること
  2. 公になっていない情報を提供するよう要求又は依頼すること
  3. 再就職先企業の処分を甘くするよう要求又は依頼すること
  4. 再就職先企業の許認可を認めるよう要求又は依頼すること

働きかけに該当しない場合とは

  1. 行政庁からの指定、登録、委託等を受けて行う試験、検査、検定等を行う法人に再就職した職員が、当該事務を遂行するために必要な場合
  2. 市の事務や事業と密接な関連がある業務を行う法人に再就職した職員が、当該事務を遂行するために必要な場合
  3. 法令や契約に基づく権利を行使する、又は義務を履行する場合
  4. 法令に基づく申請及び届出を行う場合
  5. 一般競争入札等における、売買、賃借、請負等の契約を締結するために必要な場合
  6. 法令又は慣行により公開されている情報の提供を求める場合
  7. 電気、ガス、水道に関する契約等裁量の余地が少ない職務に関するものについて、任命権者に「再就職者による依頼等の承認申請書(エクセル:37KB)」を提出し、承認を得て行う場合

 

現職職員が働きかけを受けた場合の届出

現職職員は、再就職者から働きかけを受けたと思われる場合、遅滞なく自分が所属する任命権者の人事担当課まで連絡した後、郡山市職員の退職管理に関する公平委員会規則に基づき、公平委員会(総務法務課法規係)へ「再就職者から依頼等を受けた場合の届出書(ワード:15KB)」を提出することとなります。

 

よくある質問

このカテゴリのよくある質問一覧へ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部人事課 

〒963-8601 福島県郡山市朝日一丁目23-7

電話番号:024-924-2041

ファックス番号:024-924-3025

jinji@city.koriyama.fukushima.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページは見つけやすかったですか?

その他市政に関するご提案・ご意見はこちらへ